スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大豆作りを振り返る①


昔ながらの懐かしい風景を残す美しい美山町で

大自然の恵みを最大限に生かし、大切に育てた大豆が最高の味わいを作ります。

また、地域産業の活性化を図る意味でも、

地元でつくり地元で使う取り組みを進めます。

生産者の方々の顔が丸見えで安心安全なのです!

このブログを始めたのが、もう9月になっちゃったので、

大豆作りを 簡単に振り返りますね。

今日は、2010年6月の大豆畑レポートです!

6month.gif
daizu_6_img1.jpg
いい大豆を作るには、まずはいい土壌が大切です。

トラクターで、丁寧に土を耕します。やっぱり基礎となる土は大切ですね。

いよいよ種まきです。品種は甘くて美味しいゆばができる『オオツル』遺伝子組み換えはもちろんしていません。

ちなみに、白い建物がゆう豆の“ゆば工房”です。まわりに何もありません。

nouka.jpg
地元、南丹市美山町又林地区の農事組合のみなさんと一緒に!

daizu_6_img2.jpg

6月の初旬、入梅の前に種まきを行いました。

農家さんの手際のよさには驚きです!広大な畑に次々と大豆の種がまかれていきます。

それぞれに役割があり分担作業もすごい連携でした。


daizu_6_img3.jpg

今年も、おいしい大豆ができるといいですね。

ご協力いただく農事組合の皆さん!ありがとうございます。

地域の支えがあり、ゆう豆もおいしい湯葉を提供することができています。

次は、7月の大豆畑について書きますね。
スポンサーサイト
カテゴリ
最新記事
プロフィール

qootofoo14

Author:qootofoo14
美山ゆばゆう豆のお豆ブログにようこそ

月別アーカイブ
スポンサードリンク
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。